【福岡】レゴブロックワークショップ | LEt it GO

LEGORSERIOUSEPLAYRとは | LEt it GO

LEGO®SERIOUSEPLAY®とは?

LEGO,SERIOUSEPLAY,レゴシリアスプレイ

レゴ®シリアスプレイ®は、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、
「新しい学びの道具」であり、大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて参加できるのが特徴です。

 

 

2001年、レゴ社の教育プログラム開発責任者ロバート・ラスムセン氏が、経営戦略を組織内で考る時に「人」の貢献を脇においた机上の空論になりがちな手法から脱却し、より創造的で革新的、かつ環境変化の中で即時性のある方法を創ることができないかと考え、

 

マサチューセッツ工科大学メディア研究所のシーモア・パパート教授が提唱する、教育理論「コンストラクショニズム(※)」を基にレゴ®シリアスプレイ®メソッドを完成させました。

 

(※)コンストラクショニズムとは・・

 

手と頭は連携を取り、相互に信号のやり取りをしながら、
新しい知識を構築していくという理論です。単に、頭だけで考えていても、新しい知識は構築できない、「何かをつくることで学ぶ」という考え方で、世界中のIT教育や科学分野の研究などに採り入れられています。


◆引用元:「ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ - シリアスプレイとは?」http://www.seriousplay.jp/seriousplay.html

 

 

ワークショップの写真

レゴ®シリアスプレイ®では、人の心の奥に隠れた内観を、ブロックを用いて、立体化された作品を創り、可視化させます。

 

そのことで自分以外の人に伝わり易くなります。

 

例えば、組織で行われる会議では、多くの意見がぶつかり、堂々巡りをするか、発言力や主張力の強い人が会議の場を制し、他のメンバーは心から納得せずに、矛盾を抱えたまま決定事項を呑んでしまいがちです。

 

そこで、レゴ®シリアスプレイ®の手法を使うことで、自分自身とメンバーの内観に気づき、更にお互いの作品(お互いの内観)をつなぐことで、一つのチームとしての新たな内観、行動指針を創り出すことができます。

 

個人である私自身「I」と組織である「WE」が、信頼の上に根がつながっており、外部環境の変化に対しても各々が自ら気づいて的確な行動をとれるようになります。

 

レゴ®シリアスプレイ®を使ったワークショップ情報

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
Concept コンセプト Survice サービス内容 Case 事例紹介 Inquiry お問い合わせ